今回紹介するのは、ドイツ国防軍の軍装を知るのにうってつけの資料だ。

「LA WEHRMACHT」の表紙の画像
表紙は「フェルトヘルンハレ」装甲擲弾兵師団の兵士

 この「LA WEHRMACHT」はフランスで出版されたもので、ドイツ軍の階級章、兵科、軍服、着用する装備品が詳細に記載されているよ。


 特に興味深いのが、次に示す物なんだけど

「LA WEHRMACHT」内容の一例の画像


 上の画像を見ての通り、各兵科色とそれを使用する部隊、及び階級章に装着するゴシック文字にラテン文字やアラビア数字にローマ数字、それから、なんというか、直接的な形状で示された物等、例えば交差する二本の古い大砲と言ったように、ドイツ軍の兵科色と階級章が事細かに説明されているね。

 画像の左が、その兵科色を使用する部隊のドイツ語表記で中央がフランス語、右が階級章の説明。


 勿論、他の部分も同じ様に豊富な記述があるよ。


 この例の様に、制服であれ装備品であれ、これらの事を知るなら、やっぱり洋書がいいよね。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

 日本で出版されているマニア向けの資料は、どうにも中途半端な物が多いしなぁ。勿論、翻訳書は別だけど。

 洋書なら一冊で本当に良く纏まっているからね。